結婚

現在の結婚に関する指輪についてのあれこれ

 

結婚に関する指輪と聞くと、やはり婚約指輪と結婚指輪を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

婚約指輪は「エンゲージリング」、結婚指輪は「マリッジリング」とも呼ばれています。

 

 

エンゲージリングは、ダイヤモンドがついているちょっと豪華なものが主流ですね。

 

しかし、最近ではエンゲージリングは買わないで、マリッジリングのみにするという方法も増えています。

婚約指輪を購入する際には、結納のときに渡すのが一般的のようです。

 

なお、結納前に渡した場合には、お披露目をするだけでも大丈夫です。

 

 

一方、結婚指輪は、生活をするのに支障がないように、男女ともにシンプルなものが定番です。

 

簡単にいうと、ペアリングですね。

 

 

マリッジリングは、結婚式の際に交換をします。

 

仕事などの都合で結婚指輪をつけない方もいますが、そういったときでも購入はしておくのが普通です。

 

女性の指輪には、さりげなくダイヤが入っていたりと、オシャレなものも多くなっていますね。

 

 

結婚に関する指輪の予算はピンキリですが、結婚指輪は2人合わせて10〜20万円が相場のようです。

 

婚約指輪は、平均で30万円程度が相場になっています。

 

やはり、婚約指輪のほうが高いんですね。

 

もちろん、大きさやデザインによって価格にも開きがありますが…。

 

 

いずれにせよ、女性の指輪サイズを間違えないように注意をしましょう。

 

寝ている間にこっそりと測る、などという方法もあるようですが、さりげなく女性に聞いてみるほうが良いかもしれませんね。

 

また、女性の好きなブランドがあれば、その婚約指輪を贈ると喜んでもらえるでしょう。

 

 

最近では、結婚に関する指輪をインターネットで買うという方もいます。

 

ゆっくり選べることや値段が安いことがメリットです。

 

 

特に、結婚指輪は長い間つけておくものなので、気に入ったデザインのものを選ぶようにしたいですね。

 

 

当サイトの記事一覧へ ⇒