結婚

結婚の結納ってどういうことをするの?〜現在の結納事情〜

 

結婚式の結納には、さまざまな形式があります。

 

そもそも結納とは、両家が親族となって結びついたことのお祝いで、贈り物を納め合うという儀式です。

 

地域によって結納のかたちは違ってくるのですが、だいたい結婚式の3〜6カ月前に行うのが一般的です。

最近では、結婚式場でも「結納パック」というものもあるんですよ。

 

このサービスですと、食事はもちろんのこと、結納品、席順、当日のサポートまでしてもらえるので、すごく楽ですね。

 

費用はそれなりにかかりますが、結納の方法を知らなくても介添え人がサポートしてくれるために、人気になっています。

 

 

ただし、結納には、カジュアルな両家の顔合わせ食事会というものから、しっかりとした形式のものまで、そのかたちに決まりはありません。

 

現在では、仲人ありのしっかりとした結婚式の結納よりも、仲人なしの略式結納がポピュラーなようです。

 

 

女性側の家で行われることもあり、この場合には仲人がいないため進行は男性側の父親が行うことになります。

 

ちなみに、女性の家で行う場合には、費用をおさえることができる、アットホームな雰囲気で進めることができる、といったことなどがメリットです。

 

 

結納の際の服装ですが、男性はブラックスーツ、女性はワンピースか振袖が一般的です。

 

母親は和装でもワンピースでも良いのですが、あまりに違うとバランスが悪いですから、両家でしっかりと話し合っておきましょう。

 

 

結納品の並べ方にも決まりがありますが、これも地域によって差があるので事前に調べておく必要があります。

 

 

また、婚約指輪もこのときに渡すという方法もあります。

 

もし事前に渡しているのであれば、結婚式の結納ではお披露目だけをすることが多いようです。

 

 

なお、結納を行わない人も、かなりの数に上ります。

 

いずれにせよ、結納は新郎新婦の二人と両家の自由ですので、そこのあたりも後々になって揉めないように話し合って決めていきましょう。

 

 

結婚準備のための情報まとめページへ ⇒