結婚

結婚する際に準備しておきたい金額は?〜結婚費用の内訳〜

 

「結婚費用」と一口にいいますが、かなり漠然としていますよね。

 

「高額な費用がかかる」とは分かっていても、実際にどのくらいのお金がかかるかについてはイメージできていないことが多いのではないでしょうか。

 

そこでこちらの記事では、結婚費用の内訳についてお話していくことにします。

まず結婚式の費用ですが、平均359万円かかっているようです。

 

これには、

 

  • 挙式代
  •  

  • 披露宴の料理や飲み物
  •  

  • 引き出物
  •  

  • ウエディングドレスやタキシードなどの衣服代
  •  

  • 飾り付けのお花代

 

などが入っています。

 

 

その他にも、結婚指輪、結納式場、結納金額に、平均161万円かかっています。

 

これだけを見ても、相当な金額が必要となることがわかりますね。

 

 

さらには、これ以外に新婚旅行もあります。

 

新婚旅行は、近場の国内で済ませる場合もありますが、海外へ行くとなるとやはりそれなりにかかります。

 

たとえば、ハワイですと、お土産代を入れて100万ほどは必要となるようです。

 

 

もちろん、新婚旅行の費用を抑えることもできます。

 

安いホテルに泊まる、すべて個人で手配してしまうなどといったことです。

 

しかし、せっかくの新婚旅行ならば、思い切って奮発したいところでもありますよね。

 

飛行機だって新婚旅行なんだからビジネスクラスに乗りたいなぁ、とか思いませんか?

 

このあたりは、バランスが難しいところかもしれませんね。

 

 

また、一連の結婚行事が終わっても、その後生活していくための新居にもお金がかかってきます。

 

賃貸であれば敷金・礼金がかかりますし、新しい家具を揃えるとなるとやはりある程度のお金が必要です。

 

 

これらの結婚費用の内訳をすべて見ていくと、だいたい600万〜800万円くらいは必要ということになります。

 

独身時代に貯金ができるタイプであればいいのですが、貯金がない状態だとかなりキツイですね…。

 

ご祝儀や親の援助がある場合もありますが、それでもすべてをそれらでまかなうのは厳しいかもしれません。

 

 

結婚は一生に一度のことなので、あまりケチりたくはありませんが、それでも自分たちの身の丈に合ったものにしていく必要がありますね。

 

今後の生活はずっと続いていくものですから、あまり無理はしないようにしていきましょう。

 

お金の支払いも揉めないように、きちんと2人で話し合って決めるようにしたほうがいいですね。

 

 

「結婚準備のために知っておきたいこと」トップページへ ⇒