結婚

結婚の費用ってどのくらいかかるものなの?

 

結婚の費用は、どのくらいかかるのでしょうか。

 

結婚の費用には、それなりに大きな金額がかかります。

 

主には、結婚式、結婚披露宴、新婚旅行の費用がかかることになります。

 

結婚式・披露宴にかかる費用の相場は、平均で359万円というデータがあります。

 

これに新婚旅行の費用がプラスされるので、結婚の費用は相当かかることがわかります。

人生一度の結婚式・披露宴なので盛大に行う人たちもいますが、生活費にお金をかけたいということで、結婚式にはあまりお金をかけないという人もいます。

 

例えば、最近は披露宴を行わない、堅苦しいのがイヤなので1.5次会にする、などといろいろなスタイルが出てきています。

 

レストランウエディングも、流行っていますよね。

 

 

ウエディングドレスも、中古の物を安く購入できるお店があります。

 

ですが、持ち込み料金がかかる可能性もあるので注意しましょう。

 

しっかりしたものにはそれなりの費用がかかってしまいますから、新郎新婦でしっかりとイメージを話し合う必要があります。

 

 

また、ウエディングフォトのみという形もありますね。

 

親戚のみを呼んで、小さな結婚式をおこなうことも増えてきています。

 

 

さらに、結婚の費用を抑えたいという場合には、いろいろと工夫していくことで可能になります。

 

披露宴で使うものを手作りにする、見積もりをしっかりと確認する、必要のあるもの・ないものをしっかりと見極める、などなどです。

 

 

お金を払うのはこちらですので、式場側の言われるままにすることなんてありません。

 

自分たちで話し合って決めていけばいいでしょう。

 

 

大抵のケースでは、結婚の費用は新郎新婦が平等に2人で出し合うものですが、2人の話し合いをして決めていくことにしましょう。

 

結婚前にうまく節約をして貯金を増やし、自分たちに合った結婚費用を貯めていくことにしましょう。

 

あまりにも結婚の費用をかけすぎて、新婚生活がうまく回らなくなっては困りますので、そのあたりもしっかりと考えておきましょう。

 

 

トップページへ戻る ⇒